読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度や二度の悲しみじゃなくて

だいたい野澤と真田の話をしています

コインロッカーはどこにでもある ーーコインロッカー・ベイビーズという「普通」の獲得

ぎょっとしたのは、彼らの着衣が汚れていたからだった。着衣、というのは会見やゲネプロなどでも事前に挙げられていた「オムツ」だ。排便にまみれたオムツ、そうして吐瀉物にまみれたよだれかけ。赤ん坊たち、と名前を宛てがわれたアンサンブルたちは皆それ…

ショーという生き物の下 SHOCK初見者のひとまず(後

SHOCKももう15周年だしEndlessの冠がついてからももうしばらくやっていると思うので、先輩諸氏におかれてはもう通りすぎた一般的な解釈かもしれないけど、ひとまず自分の言葉でもまとめさせておいてほしい。 ということで続けて、②2回目を見ての整理である…

ショーという生き物の下 SHOCK初見者のひとまず(前

「博多座でやるようになって4年。」 そうは言っていたものの、これまで縁があるとも思っていなかった堂本光一の公演『Endless SHOCK』。自担の相方である野澤さんが今年の帝劇公演より出演者の一員となったことで、この度初めて見に行く機会を得た。そもそ…

誰が「TABU」を見たのか

SNSで流れてきたことになんやかんや言うのもなんだけども、真田の初主演舞台「TABU」にはとにかくJr.が来た。始まった頃に一通り、来てくれるだろう枠の予想であべさく萩ちゃんだとかお前来い枠を設置して野澤さんの名前を挙げたりだとかはしたものの、予想…

青年の白い真実 /舞台『TABU』解釈の一つの可能性

真田佑馬初主演舞台『TABU』も、残りは福岡・札幌・仙台の3公演を残すのみとなった。 私は幸いにも東京で2公演+アフタートークショーを見ることができ、更に昨日兵庫公演のラストに入ることができた。明日の地元・福岡公演が私的千秋楽だ。 もともと…